【予防歯科】歯科検診との違いと歯科医師がおすすめするクリニックの選び方

監修者情報

院長:内藤 嘉彦

<保有資格>

  • 国際インプラント学会認定医
  • 国際口腔インプラント学会
  • 顎咬合学会認定医など

<自己紹介>

はじめてお越しいただく方は、歯医者に対して不安をもたれているかもしれません。
当院は常に患者様を第一に考え、不安を取り除き安心して治療をお受けいただきたいと考えています。
まずはカウンセリングを行いますので、お気軽にお口のお悩みをお聞かせください。

近年、虫歯ができてから歯科医院へ行くという風潮から、虫歯やその他の疾患にならないために歯科医院へ行くという考え方に変わりつつある日本。

以前と比較して多くの方が予防歯科へ通院するようになっている一方、その重要性を理解しているものの実際に行動には移せていないという方も多いのではないでしょうか。

最近では、街で歯科医院の看板を見ると予防歯科と書いてあるところも増えてきています。そのため、たくさんのクリニックの中から自分に合う予防歯科を見つけるのは、まさに至難の業だといえます。

予防歯科が気になっている方でも、「わざわざ予防歯科へ通わなくても歯科検診へ通えばよいのではないか」とお考えの方もいるため、まだまだ予防歯科は一般的だとはいえないのかもしれません。

そこでこの記事では、予防歯科と歯科検診の違い、歯科医師がおすすめする予防歯科クリニックの選び方をご紹介します。

予防歯科と歯科検診の違い

定期的に歯科検診を受けることと、予防歯科を受診することの違いをご存知ですか?

よく知られている通り、一般歯科は虫歯などの疾患になった箇所を、削ったり詰め物をしたりして治療するところです。一方の予防歯科も一般歯科で行われていることが多く、虫歯などにかかる前に受診して検査をし、必要に応じた処置を行います。

虫歯で歯科医院を受診し、治療終了から数ヶ月が経ったとき、クリニックから定期検診のお知らせのハガキが届いた経験のある方も多いはず。それを考えると、定期検診と予防歯科の違いがわかりにくくなってしまうのではないでしょうか。

ここではまず、予防歯科と歯科検診の詳細と違いについてご紹介します。

予防歯科とは

予防歯科とは、虫歯や歯周病などの疾患を予防しましょうという考え方のことです。

間違えがちですが、実は予防歯科とは診療科の名前ではありません。医療法で歯科の診療科として定められているのは、歯科と小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科のたった4つだけなのです。

そのため予防歯科も一般歯科の中に含まれますが、「治療が必要にならないように普段から口の中の手入れを行っていきましょう」という考えのもと、さまざまな処置を行っていきます。

一般的に、予防歯科ではプロフェッショナルによるケアと自宅で行うセルフケアを両立し、口の中の健康を維持するものです。

以下は、予防歯科で行われる診療の例です。

 ・口腔内診査
 ・レントゲン撮影
 ・フッ素塗布
 ・PMTC
 ・歯石取り
 ・歯磨き指導

まずは患者さんの口の中を検査して、虫歯や歯周病にかかっていないかなどをチェックします。そして治療の必要があれば一般的な歯科治療を行いますが、とくに異常がない場合は予防処置を行います。

患者さんの口の中の状態によって最適な頻度は異なるものの、一般的には3〜6か月に一度くらいの頻度で通うとよいでしょう。

歯科検診とは

歯科検診も、予防歯科と同様に一般歯科で行われるケアの一種です。

歯科医院では、主に虫歯や歯周病などで歯が痛んだり歯茎から出血したりするなどのトラブルの診療を行っています。しかし、治療後に定期的に受診するための予約を取るようにいわれることもあるので、「なぜ治療が終わったのにまた来なければいけないのか」と不思議に思う方もいます。

歯科医院で定期的に行う歯科検診は、患者さんの口の中を検査して、虫歯や歯周病などの疾患にかかっていないかチェックしたり、その兆候を探したりするものです。

以下は、歯科検診で行われる診療内容の例です。

 ・虫歯や歯周病の検査(レントゲン撮影を含む)
 ・歯垢や歯石の除去
 ・咬み合わせチェック

歯科検診の内容は歯科医院によって異なりますが、定期的に通うことで口の中の異常を早期に発見できます。

虫歯などが見つからなかった場合は歯垢や歯石の除去を行い、また次回の定期検診の予約を取りますが、虫歯や歯周病が見つかった場合には、通常通り治療を行います。

個人差はありますが、歯科検診も予防歯科と同様に3〜6か月に一度の頻度で受けた方がよいとされています。ただし、歯の痛みや歯茎の腫れなど気になる症状がある場合は、早急に歯科医院を受診するようにしましょう。

予防歯科と歯科検診の違いとは

結論から申し上げると予防歯科と歯科検診は、「目的」が違います。

予防歯科は悪くならないようにする、口の中にトラブルがない状態を維持すること、歯科検診は虫歯や歯周病などの悪いところを探し、早期発見早期治療を行うのが目的です。

そのため、歯科検診では予防歯科のように予防処置を施すことはほとんどありません。もちろん、歯科検診で虫歯や歯周病などを早期発見し治療することは非常に重要なので、歯科検診には必ず行くべきです。

むしろ、歯科検診も予防歯科に含まれると考えられますので、歯科検診に行った際は予防処置を希望してみるとよいでしょう。

歯科医師がおすすめする予防歯科クリニックの選び方

一般的にもよく知られていることですが、現在歯科医院はコンビニエンスストアよりも数が多いとされています。

そのような膨大な選択肢の中から自分に最適の歯科医院を見つけるのは非常に難しいため、予防歯科へ通いたいけれど、どの歯科医院で受ければよいのか迷っているというお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、ここでは歯科医師がおすすめする予防歯科クリニックの選び方についてご紹介します。

診療コンセプトに予防歯科についての考えが記載されている

予防歯科が目的で歯科医院を選ぶ際、まずは目当ての歯科医院のホームページに明記されている診療コンセプトをよく読んでみましょう。

診療理念や診療に対する考え方とともに、予防歯科について書かれているクリニックがおすすめです。予防歯科にも力を入れているのであれば、そのようにはっきりと書いてあるかもしれません。

また、予防歯科について書かれているページがあれば、そちらもよく読んでみるとどのような処置を行っているのかわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

予防歯科担当の歯科衛生士がいる

歯科衛生士とは、歯科医師の指示に従って診療をサポートするだけでなく、患者さんの口の中の健康を守るための専門的な知識と技術を有する国家資格です。

きちんと訓練された歯科衛生士は、予防に対する知識が歯科医師よりも高い場合もあるため、予防歯科を行っている歯科医院では、予防歯科担当の歯科衛生士がいる場合も。

そのため、患者さん一人ひとりを責任もって受け持ってくれる、担当制の歯科衛生士がいるクリニックがおすすめです。

診療に十分な時間を取っている

予防歯科では、虫歯や歯周病のチェックだけでなく、歯のクリーニングなどさまざまなことを行います。

受診を検討しているクリニックがある場合は、直接電話して予防歯科の診療にどの程度の時間がかかるのか聞いてみましょう。

30分未満という答えが返ってきた場合は、そのクリニックの受診は考え直した方がよいかもしれません。なぜなら、30分にも満たない時間で口の中を隅々まで綺麗に処置することは、非常に難しいからです。

通常の場合、まずは患者さんの話を聞いたり検査をしたりしますので、実際の処置にかける時間はさらに短いということになります。1時間程度時間をとってくれるクリニックは、きちんと検査をして必要な処置を丁寧に行ってくれる可能性が高いので、診療時間の目安も参考にするようにしましょう。

自由診療についての十分な説明がある

予防歯科で行う処置の中には、PMTCなど自由診療のものもあります。

PMTCとは、歯科衛生士や歯科医師などのプロフェッショナルによる徹底した歯の清掃です。保険適用の治療では扱えない道具や薬剤を使用して処置を行うため、患者さんが処置にかかる費用をすべて負担する自由診療になります。

そのような処置を行う場合、詳細な説明がされないと、保険適用内だと思っていたら自由診療だったということになりかねません。

処置の一つひとつについてきちんと説明をし、患者さんの立場に立った診療を行っているクリニックを選ぶようにしましょう。

PMTCについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

PMTCと歯石除去の違いは何?それぞれの効果と手順を紹介

最新の機器が導入されている

歯科業界は日々めざましい進歩を遂げており、昔では考えられなかったようなさまざまな機器が登場しています。

サージテル(拡大鏡)もその一つで、肉眼で見えないような小さな虫歯まで発見し早期の治療が可能となります。従来の勘に頼った処置ではなく、精度の高い処置を実現できるので、ぜひ最新の機器が導入されているクリニックで予防歯科を受けるようにしましょう。

まとめ

予防歯科と歯科検診の違い、歯科医師がおすすめする予防歯科クリニックの選び方をご紹介しました。

歯の健康は、口の中だけでなく体全体の健康にまで大きく関わる重要な問題です。場合によっては審美性が損なわれ、対人関係にまで影響を及ぼす可能性もあるため、予防歯科で未然にトラブルを防いでおくことが大切です。

今回ご紹介した歯科医院の選び方はぜひ参考にしていただきたいポイントばかりですが、人それぞれ重要な基準は違います。自分はどこを重視するのかをよく考えて、最適な予防歯科を受けるようにしましょう。

初台にある「内藤歯科」では、患者様のセルフケアと当院のプロフェッショナルケアにより、患者様の大切な歯の健康をお守りすることを目標にしています。

当院では、診療に携わるスタッフ全員が国家資格を有する歯科衛生士ですので、安心して予防歯科を受けていただけます。

予防歯科を検討している方や、将来歯を残すことに不安を感じている方は、ぜひ一度「内藤歯科」までご相談ください。

 

診療メニュー

「すべては患者様のために・・・」
初台駅から徒歩1分の内藤歯科では患者様一人ひとりに付きそい、治療のお手伝いをさせていただきます。
歯科・歯医者が苦手な方でも治療を受けていただけるよう配慮しますので安心してご来院ください。