PMTCと歯石除去の違いは何?それぞれの効果と手順を紹介

監修者情報

院長:内藤 嘉彦

<保有資格>

  • 国際インプラント学会認定医
  • 国際口腔インプラント学会
  • 顎咬合学会認定医など

<自己紹介>

はじめてお越しいただく方は、歯医者に対して不安をもたれているかもしれません。
当院は常に患者様を第一に考え、不安を取り除き安心して治療をお受けいただきたいと考えています。
まずはカウンセリングを行いますので、お気軽にお口のお悩みをお聞かせください。

突然ですが、歯科医院で歯のクリーニングを受けたことはありますか?

歯科医院で治療や定期検診に行った際、歯のクリーニングを勧められた経験がある方も多いようです。

きちんと歯磨きをしていても、歯の表面には歯垢が付着してしまうもの。歯垢とは、プラークとも呼ばれる細菌の塊です。白くネバネバとしていて、水に溶けにくくしっかりと歯に付着しているため、うがいなどで簡単に落とせません。

歯垢は、虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、放っておくと固まって歯石になってしまいます。そうなると、歯磨きでも簡単には落とせなくなるため、早めに歯科医院で綺麗にしてもらう必要があるのです。

歯科医院で行う歯のクリーニングには、大きく分けてPMTCと歯石取りがありますが、この2つのクリーニングには、一体どのような違いがあるのかをご存知の方はあまりいないのではないでしょうか。

そこでこの記事では、PMTCと歯石取りの効果と手順、2つのクリーニングの違いについてご紹介します。歯のクリーニングを検討されている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

PMTCとは

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士などのプロフェッショナルが、専用の機械を使用して歯を磨く施術のことです。英語のProfessional Mechanical Tooth Cleaningの頭文字を略して、PMTCと呼びます。

普段行う歯磨きでは取り除ききれない汚れを、プロの技術と特殊な道具によって取り除くため、施術終了後は歯の表面がツルツルになり、気持ちがよいという方もいるようです。

そんな歯のクリーニング「PMTC」とは、どのようなものなのか、効果と手順について解説します。

PMTCの効果

PMTCの施術を行うと、歯の表面に付着した歯垢やバイオフィルムを除去することができます。

歯垢は食後8時間程度でできる細菌の塊ですが、バイオフィルムは歯垢ができてから時間が経ち、膜のようになった状態のことです。バイオフィルムの状態になってしまうと、歯磨きだけでは落ちなくなってしまうため、歯科医院の専門的な処置でなければ綺麗にできません。

以下は、PMTCの主な効果です。

 ・歯垢やバイオフィルムを除去できる
 ・歯質が丈夫になる
 ・虫歯予防ができる
 ・歯周病や歯肉炎の予防、改善ができる
 ・歯の着色汚れを綺麗にできる

PMTCでは、歯垢やバイオフィルムだけでなく、歯の表面の着色汚れまで取り除き、歯本来の白さを取り戻せます。また、歯肉の縁下数ミリのところの歯垢まで除去できるため、歯茎の状態もよくなります。

PMTCの手順

以下は、PMTCの手順です。

 1.普段の歯磨きで汚れが取りきれていない箇所をチェックし、口の中の状態を確認する
 2.専用の道具や手用の器具で歯面の歯垢を除去する
 3.専用の薬剤を使用して歯の着色汚れを落としていく
 4.クリーニング専用の道具で歯の表面や間、付け根部分の清掃を行う
 5.患者さんの口の中の状況に合わせた薬剤を用いて、口の中全体の汚れを除去する
 6.虫歯予防のためのフッ素を塗布する

PMTCは、1度の施術ではすぐに効果が出ません。続けて施術を受けないとすぐに汚れがついてしまうため、継続して受けることをおすすめします。

継続して受けていると、徐々に歯の表面がツルツルになり、それに伴って歯に汚れがつきにくくなるでしょう。

歯石取りとは

歯石取りとは、その名の通り歯石を歯科医院で除去してもらう施術のことです。

歯石とは、歯の表面にこびりついた歯垢と唾液に含まれるカルシウム成分が結びついて石灰化し、石のように硬くなった状態です。こうなってしまうと歯磨きでは除去できないため、歯科医院で歯石取りを受ける必要があります。

ここでは、歯科医院で受けられる歯石取りの効果や手順についてご紹介します。

歯石取りの効果

上述の通り、歯石は歯垢が唾液の中の成分と結びついて形成されるものです。そのため、唾液が出やすい場所にできることが多いという特徴があります。とくに歯石ができやすいのは、上顎の奥歯の外側や、下顎の前歯の内側などです。

歯垢は生きた細菌の塊ですが、歯石はすでに死んだ細菌が石灰化したものなので、直接的に虫歯の原因になるわけではありません。しかし、表面がざらついているため、その上に歯垢が付着しやすくなってしまいます。

以下は、歯石取りの主な効果です。

 ・歯垢が付着するのを防ぎ、虫歯が予防できる
 ・歯茎が下がるのを防げるため、歯周病を予防、改善できる
 ・口臭を予防できる
 ・口元の印象アップが図れる
 ・歯石をつきにくくできる
 ・炎症によって腫れていた歯茎から毒素を出すことで引き締め効果が期待できる

歯石取りを行うと、出血することがあります。しかしそれは、炎症を起こして腫れていた歯茎の出血であり、毒素が出ている状態です。施術後、歯茎が下がって見える方もいますが、本来の歯茎の状態に戻ったということですので心配いりません。

歯石取りの手順

以下は、歯石取りの手順です。

 1.歯科医師が歯と歯茎の状態を診察し、歯周病の検査を行う
 2.専用の道具を使用して歯茎から上についた歯石を除去する「スケーリング」を行う
 3.歯茎より上に露出している歯に付着した歯石を除去する

歯科医院の歯石取りでは、歯石を取る前に、歯周ポケットの深さを測定したり、X線検査で歯と歯茎の状態を確認したりする検査が必須です。

歯石を取る際は、患者さんの口の中の状況に合わせて処置を行います。歯周ポケットの深い部分に処置をする場合は、痛みを伴うこともあるため、麻酔を用いて行うことも多いようです。

PMTCと歯石取りの違い

「歯磨きは毎日している」という方がほとんどかと存じますが、定期的に歯科医院で歯のクリーニングをしている方は意外と少ないようです。また、PMTCも歯石取りも歯のクリーニングであることに変わりないため、どこに違いがあるのかわからない方も。

そこでここでは、PMTCと歯石取りの違いを詳しくご紹介します。

目的が違う

まず、PMTCと歯石取りでは目的に大きな違いがあります。以下は、それぞれの主な目的です。

 ・PMTC:歯石になってしまう前の段階で可能な限り歯垢を落とすこと
 ・歯石取り:歯石を取り除くこと

PMTCは誰でもすぐに受けられる施術です。しかし歯石取りは、必要な検査を受けて歯周病や虫歯と診断される必要があります。

つまり、PMTCは主に歯周病や虫歯予防、審美目的の施術で、歯石取りは歯石を除去して歯周病や虫歯を治療するのが目的だということです。

保険診療かどうか

PMTCと歯石取りのもっともわかりやすい違いは、保険診療かどうかです。

そもそも、保険とは疾患を治療する場合に適用されるものであり、審美性や予防のみが目的の場合には適用されません。

上述したように、歯石取りは歯周病や虫歯と診断されなければ受けられない施術です。つまり、歯石取りは治療が目的であるため、保険診療で施術が受けられるのです。

一方、PMTCは誰でも受けられる自由診療の施術であり、術前に検査の必要もありません。

これにより、PMTCと歯石取りでは、施術の料金に差が出てしまうのです。以下は、PMTCと歯石取りの費用相場です。

 ・PMTC:5000〜10000円程度
 ・歯石取り:3000〜4000円程度

PMTCは、自由診療のため歯科医院によって費用や内容が異なります。

また、PMTCは1時間程度の時間をかけられるため1度の通院で済みますが、歯石取りは1回10〜15分の短い時間で数回に分けて施術を行います。そのため、最低2回以上通院することになるでしょう。

使用する道具が違う

PMTCと歯石取りでは、使用する道具にも違いがあります。以下は、それぞれの施術で使用する道具の例です。

PMTC

 ・ブラシ
 ・カップ
 ・ポイント
 ・エバチップ

歯石取り

 ・超音波スケーラー
 ・ハンドスケーラー
 ・エアースケーラー

PMTCでは、さまざまな道具を用いて歯面に付着した歯垢や着色汚れを綺麗にクリーニングしていきます。歯科医院によって使用する道具が異なるため、どのような道具を使用するのか聞いてみるとよいでしょう。

一方の歯石取りでは、スケーラーという歯石取り専用の道具を使用します。スケーラーには超音波で振動を与えて歯石を除去するものや、空気の力によって除去する振動の少ないもの、手動で操作するものなどがあります。

まとめ

PMTCと歯石取りの効果と手順、2つのクリーニングの違いについてご紹介しました。

PMTCと歯石取りは、歯をクリーニングするという意味では同じ種類の施術です。しかし、両者には目的や保険の適用、使用する道具などに違いがあるため、自身の歯や歯茎の状態に合わせた施術を受ける必要があります。

虫歯や歯周病の予防には、歯垢や歯石を除去することが非常に重要です。歯石取りは検査の結果、治療が必要だと診断された場合にのみ保険が適用されますが、治療が終わった後も定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受けるようにしましょう。

初台駅から歩いて1分のところにある「内藤歯科」では、一般歯科をはじめ、歯周病治療や予防歯科、審美歯科など幅広い診療科を取り扱っております。

患者様を第一に考えて診療を行っておりますので、患者様一人ひとりに最適な歯のクリーニングをご提案いたします。

PMTCや歯石取りを検討している方や、虫歯、歯周病が気になる方は、ぜひ一度「内藤歯科」までご相談ください。

 

診療メニュー

「すべては患者様のために・・・」
初台駅から徒歩1分の内藤歯科では患者様一人ひとりに付きそい、治療のお手伝いをさせていただきます。
歯科・歯医者が苦手な方でも治療を受けていただけるよう配慮しますので安心してご来院ください。