初期虫歯の黒い点を自分で治すことはできる?原因やセルフケアを紹介

監修者情報

院長:内藤 嘉彦

<保有資格>

  • 国際インプラント学会認定医
  • 国際口腔インプラント学会
  • 顎咬合学会認定医など

<自己紹介>

はじめてお越しいただく方は、歯医者に対して不安をもたれているかもしれません。
当院は常に患者様を第一に考え、不安を取り除き安心して治療をお受けいただきたいと考えています。
まずはカウンセリングを行いますので、お気軽にお口のお悩みをお聞かせください。

虫歯 黒い点

鏡で口の中を見たときに歯に黒い点があり、虫歯ができてしまったと心配される方も多いです。

虫歯は冷たい飲み物や食べ物が歯にしみたり、咬んだときに痛みを感じたりと、日常生活に支障が出る場合もあります。さらに症状が進行すると歯が溶けて神経へと到達するだけでなく、歯を抜かざるを得なくなったり、顎の骨が溶けてしまったりすることもあるため、早めに治療を行わなくてはいけません。

とはいえ、歯科医院にはウィーンという機械の音や歯を削る音、薬のにおいなど大人でも不安になってしまう要素がたくさんあるため、正直苦手だという方もいるのではないでしょうか。

たしかに虫歯は早期発見、早期治療が非常に重要です。

しかし、虫歯はすべて歯科医院で削って治療をしなければいけないのかというと、実は必ずしもそうではありません。

削る必要があるかは歯科医院で診てもらわなければわかりませんが、ごく初期の小さな虫歯であれば、虫歯は削らずに経過を観察するだけで治ることもあります。

この記事では、黒い点の原因と自分で治せる虫歯について、初期虫歯の黒い点を自分で治すセルフケアをご紹介します。歯に黒い点があり不安を感じている方や、初期虫歯のセルフケアについて知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

自分で治せる虫歯とは

虫歯 黒い点

そもそも、虫歯の原因は歯の表面に付着した歯垢(プラーク)にいるミュータンス菌などの虫歯菌が作り出す酸です。酸によって徐々に歯の表面のエナメル質が溶け、穴があいていくことで虫歯になります。

一昔前までは、虫歯は自然治癒しないというのが常識とされていたため、本当は経過観察で済む状態であったにもかかわらず、削って治療をしていました。

しかし現在では口腔内の環境を整えることで、歯を削らずに自然治癒が期待できることもわかっています。

では、自分で治せるのはどの程度の虫歯までなのでしょうか。ここでは、軽度から重度までの虫歯のレベルと、自分で治せる虫歯についてご紹介します。

虫歯のレベル

虫歯のレベルは、5段階に分けて考えるのが一般的です。このレベルが進行するほど自然治癒は難しく、治療に時間がかかるようになります。

虫歯のレベルは、専門用語で虫歯のことを指す「カリエス」の頭文字をとり、「C」で表されます。

以下は、虫歯の進行具合によって分けられた、各レベルの具体的な状態です。

・レベル1【CO(初期う蝕)】:ごく初期の虫歯。歯の表面が濃い白色、もしくは茶色っぽい状態で、穴があいたり黒くなったりはしていない。
・レベル2【C1(エナメル質う蝕)】:歯の表面のエナメル質が溶け、小さな穴ができた状態。痛みなどはない。
・レベル3【C2(象牙質う蝕)】:エナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が到達した状態。冷たいものがしみたり、触れると痛みがあったりする。
・レベル4【C3(神経に達したう蝕)】:虫歯が歯の神経にまで達し、痛みが強い状態。歯の根っこにまで炎症が広がる恐れもある。
・レベル5【C4(残根状態)】:歯がほとんどなくなり、根っこのみが残っている状態。多くの場合、抜歯が必要になる。

虫歯は突然歯に穴が開いて痛みが生じるわけではありません。ごく初期の虫歯から徐々に進行し、酸によって歯が溶けて、穴があいていきます。

自分で治せるのはレベル1まで

虫歯が進行してしまった場合、歯科医院で治療を受けなければ自然に治ることはありません。しかし、レベル1の初期虫歯COは、歯に穴があいていないため、自然治癒させられる可能性があります。そのため、COは要観察歯と呼ばれているのです。

虫歯の自然治癒は、歯の再石灰化によって起こります。

歯の表面では、食事のたびに脱灰(虫歯菌の酸によって、歯のエナメル質からリンやカルシウムが溶け出すこと)と、再石灰化(食後に酸性へ傾いた口腔内を唾液が中和し、歯の表面にリンやカルシウムが戻ること)が起こっています。

この再石灰化の力を脱灰よりも有利にすることで、初期虫歯を自然治癒させられるのです。言い換えると、初期虫歯の段階で予防措置を何もしなければ、虫歯は確実に進行してしまうということです。

進行した虫歯を削って詰める治療を行ったとしても、その治療がずっと保てるわけではありません。歯を削らなくてもいいように、初期虫歯の段階で自然治癒させることが大切なのです。

黒い点の原因

虫歯 黒い点

歯の表面や溝に黒い点を見つけた場合、虫歯なのではないかと不安になってしまうことでしょう。ほとんどの場合は虫歯が原因ですが、実はそうでない場合もあるので、治療する必要がないケースもあります。

ここでは、黒い点の原因を虫歯だった場合も含めて3つご紹介します。

初期虫歯

一般的に初期虫歯と呼ばれているのは、COとC1の2つのレベルまでです。

歯に黒い点があると、虫歯が進行してしまったと思われる方も多いですが、実は色はそれほど虫歯の大きさに関係ありません。歯の表面や溝にできる黒い点は、初期虫歯が慢性化して硬化したことが原因でできているケースもあります。

上述したように、毎食後歯の表面では脱灰と再石灰化が繰り返されています。一時は脱灰が進行したものの、再石灰化が行われて修復されたため、初期虫歯が硬くなり黒い点に見えることがあるのです。

ただし、初期虫歯以外にも歯に黒い点が現れる疾患はあります。たとえば歯周病や歯髄炎、外傷性破折の場合も歯が黒く見えることもあるため、自分だけで判断するのは危険です。

着色汚れ

口腔内の疾患だけでなく、日頃の生活習慣によって歯に黒い点が現れるケースもあります。

着色汚れも、その原因の一つです。着色汚れは、ステインとも呼ばれるもので、食べたり飲んだりしたものの色によって徐々に歯が変色し、黒い点に見えることもあります。

以下は、着色汚れの原因になる代表的な飲食物です。

・コーヒー
・赤ワイン
・紅茶
・チョコレート
・カレー
・ぶどう

このほかにも、実は豆腐や納豆などの大豆製品、バナナなどにも着色汚れの原因になる成分が含まれています。また、よく知られている話ではありますが、タバコのヤニも強力な着色汚れの原因になるため注意が必要です。

着色汚れによって歯に黒い点が現れている場合は、放置していても問題はありません。しかし、見た目が悪くなったり、汚れがつきやすくなったりすることもあるため、除去するのが望ましいでしょう。

奥に虫歯が広がっている

歯の表面に黒い点がある場合、実は歯の中で虫歯が広がっている可能性もあります。とくに乳歯や生えたばかりの永久歯は、大人の歯と比べてやわらかいため、虫歯の進行が早く、みるみるうちに歯の中で広がってしまうのです。

自覚症状がないケースも多いので、気づかない間に歯にヒビが入り、ある日突然歯が欠けて発覚することもあります。

初期虫歯の黒い点を自分で治すセルフケア

虫歯 黒い点

初期虫歯の黒い点は、もう少し進行して穴があきはじめてしまうと、自然治癒させられません。

しかし虫歯がエナメル質の表面のみにとどまり、穴があいていない状態の場合は、毎日の正しいセルフケアで進行をストップし、歯の再石灰化を促進することによって経過観察で済む場合もあります。治療をするよりもお金も時間もかからず、負担が少なくて済むのでおすすめです。

ここでは、初期虫歯の黒い点を自分で治すセルフケアをご紹介します。

正しい歯磨きを行う

黒い点の原因になる初期虫歯は、脱灰によって失われたリンやカルシウムが唾液によって補充されて修復が起こることは上記でご紹介しました。

しかし、歯垢や歯石が付着していると、その部分の再石灰化がうまく行われません。そのため、正しい歯磨きを行って、初期段階の歯垢を溜めないようにする必要があります。

以下は、正しい歯磨きのポイントです。

・毛先の開いた歯ブラシは使わない
・歯ブラシのヘッド部分が小さめのものを使用する
・1、2本ずつ丁寧に意識しながら磨く
・歯と歯茎を傷つけないように意識する
・軽い力で小刻みに磨く
・歯と歯茎の境目は時間をかけて優しくかき出すように磨く

歯ブラシ以外にも、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使い、歯と歯の間の汚れまで徹底的に落としていきましょう。

食生活の改善

口腔内は、何か食べたり飲んだりするたびに酸性へと傾き、脱灰が起こって歯が溶かされます。

溶けた歯は唾液によって再石灰化されますが、食事の回数が多かったり長時間にわたって飲食したりすると、再石灰化が起こるタイミングも遅くなり、その間歯は溶け続けてしまいます。

初期虫歯を自然治癒させたいのであれば、朝昼晩3食の食事以外に間食をせず、ダラダラと食べないようにしましょう。

食事の際は、再石灰化を促進するために必要なカルシウムやビタミンなどの栄養を、意識して摂取するように心がけることも大切です。たとえば乳製品や小魚、ひじき、大豆、牛レバーや鮭、きのこ類、ブロッコリーやフルーツなどがおすすめです。

市販のアイテムを活用

初期虫歯は、フッ素をうまく使うことである程度健康な歯に戻せるのをご存知ですか?

フッ素とは、歯の表面のエナメル質を強化したり、唾液に含まれるカルシウムを歯に付着させやすくしたりする効果がある成分です。虫歯菌の働きを弱める効果もあるため、虫歯の発生を防いでくれます。

フッ素は歯科医院で塗布してもらう方法が一般的ですが、自宅でもフッ素が配合された歯磨き粉やマウスウォッシュなどを使用してセルフケアを行うことで、初期虫歯を自分で治せる可能性を高めてくれます。

おすすめは、フッ素濃度が1450ppm以上と記載されている歯磨き粉やマウスウォッシュです。

ほかにも、キシリトールガムやリカルデントガムを噛む、フッ素入りの歯磨き粉を少量指に取り、初期虫歯の患部に塗って放置しておくのもよいでしょう。

まとめ

黒い点の原因と自分で治せる虫歯について、初期虫歯の黒い点を自分で治すセルフケアをご紹介しました。

歯の表面や溝に見えることがある黒い点は、初期虫歯であれば自分で治すことができます。自分で治せる虫歯は、具体的にいうと穴が開いていない状態や、冷たいものがしみない状態のものです。これ以上の状態になると、歯科医院で治療を受けるしかありません。

ただ、自分で口の中を見て判断するのは非常に難しいので、歯に黒い点を見つけた場合にはまず歯科医院へ行き、歯科医師に判断してもらうことをおすすめします。

京王線、京王新線初台駅から歩いて1分のところにある「内藤歯科」では、患者様の歯の健康とより良い口腔内環境のためにデンタルコンシェルジュが最善の治療を提案しております。

患者様一人ひとりのニーズに幅広く対応するために、虫歯や歯周病の治療から入れ歯治療、デンタルエステなどの審美歯科治療、インプラント治療なども行っているため、生涯にわたってお付き合いしていただける歯科医院です。

歯の黒い点が気になっている方や、信頼できる歯科医院をお探しの方は、ぜひ1度「内藤歯科」までご相談ください。

 

診療メニュー

「すべては患者様のために・・・」
初台駅から徒歩1分の内藤歯科では患者様一人ひとりに付きそい、治療のお手伝いをさせていただきます。
歯科・歯医者が苦手な方でも治療を受けていただけるよう配慮しますので安心してご来院ください。