当院のウイルス対策について3

日本国内の「新型コロナウイルス」感染者数はまだ、増加の一途をたどっています。他国の増加者数よりは抑えられていますが、まだ安心はできないようです。

初台の内藤歯科では、ウイルス等の院内感染予防対策といたしまして、歯科医院内のスペースの分離をいたしております。

元来は院長が歯科インプラントの専門医であることから、大学病院のオペ室並みのクリーンな環境を作る必要があり、オペ室は個室に設置し、そのほかの治療スペースにおいても、パーテーションによる区分けを行い、各スペースは、業務用空気清浄機及び、換気扇を設置し、院内感染予防はもちろん、できるだけクリーンな環境での歯科医療を可能にいたしております。

思い返せば約30年ほど前、歯科インプラントの創成期には、スウェーデンのブローネンマルク博士の提唱により、個室のオペ室を完備していない歯科医院には、レベルの高いオペは不可能であると判断され、インプラントの認定医として認証されない時代もございました。

当時から歯科インプラントの専門医として、アメリカやスイス、イタリア、フランス、ベルギー等々、世界各国で研修を受けていた私は、歯科インプラントのみならず、一般歯科医療においても院内感染予防の重要性を認識し、初台において歯科医院開業の際は、区分けされた治療室を完備いたしました。

院内感染予防は、高度なオペを行う環境を具備している歯科医院にとっては、現在も、あるいはこれからも重要なテーマであることには、間違いありません。

診療メニュー

「すべては患者様のために・・・」
初台駅から徒歩1分の内藤歯科では患者様一人ひとりに付きそい、治療のお手伝いをさせていただきます。
歯科・歯医者が苦手な方でも治療を受けていただけるよう配慮しますので安心してご来院ください。