当院のウイルス対策について

昨年末に、武漢で端を発した、「新型コロナウイルス」はその診断方法、治療方法、予防方法の確立がいまだ、十分なされていないまま、パンデミックの危険性をはらんできました。

若年者層のリスクは、インフルエンザ程度とさえ言われておりますが、診断から治療方法が確立されていない現在、ウイルス対策は、昨今最も興味深い話題の一つとなっております。

初台の内藤歯科では、ウイルス対策といたしまして、通常の歯科院内感染予防対策にさらにアレンジを加え、対応いたしております。

歯科院内感染予防対策の基本は、すべての「ウイルス」「細菌」を死滅させることができる、「滅菌」が基本となります。しかし、現在でもこの滅菌器は、歯科医院では1台のみの設置がされているところが多く、当院のように複数台を設置して稼働させているところは、あまり多くありません。当院では歯科インプラントの専門医療機関であるため、オペの回数も多く、厳密な滅菌が必要とされているため、常に複数台の稼働が行われ、厳密な滅菌をしております。

また歯科器材には熱処理が不可能なものもあり、その場合には「消毒」という方法を使います。この消毒には薬剤としていくつか種類があり、当院では、「新型コロナウイルス」に有効なアルコール消毒、次亜塩素酸ナトリウム消毒、を主に使用し、それ以外にも、塩化ベンザルコニウム消毒も使用しております。

またこれらの歯科院内感染予防処置に必要とされる機材、薬剤等も、昨今の状況では、病院や歯科医院でさえも、品不足により新規発注はできない状況ですが、当院では危機管理対策の一環として、常に備蓄をしており、機材、薬剤等の不足はあり得ません。

「新型コロナウイルス」の終息はまだ見えてまいりませんが、初台の内藤歯科では、「新型コロナウイルス」にも対策しております.

「安心、安全な歯科治療」を目指し、日々努力いたしております。

 

診療メニュー

「すべては患者様のために・・・」
初台駅から徒歩1分の内藤歯科では患者様一人ひとりに付きそい、治療のお手伝いをさせていただきます。
歯科・歯医者が苦手な方でも治療を受けていただけるよう配慮しますので安心してご来院ください。