歯周病が原因?入れ歯になる50代の割合と歯を失ったときにインプラントを勧める理由

監修者情報

院長:内藤 嘉彦

<保有資格>

  • 国際インプラント学会認定医
  • 国際口腔インプラント学会
  • 顎咬合学会認定医など

<自己紹介>

はじめてお越しいただく方は、歯医者に対して不安をもたれているかもしれません。
当院は常に患者様を第一に考え、不安を取り除き安心して治療をお受けいただきたいと考えています。
まずはカウンセリングを行いますので、お気軽にお口のお悩みをお聞かせください。

健康寿命が伸びたことにより、現代では50代でも仕事をバリバリこなし、身だしなみに気を遣う方が多くなっているようです。

しかしその一方で、50代を超えると義歯の確率が増えてくるのも事実で、若い頃から専門的なメンテナンスを受けて来られなかった方の中には、すでにブリッジや部分入れ歯を入れているという方も。

日本人が歯を失ってしまうもっとも多い原因は、歯周病によるものです。

時代の流れとともに口の中の清掃や疾患予防を意識する方が増え、幼い頃から歯科医院へ通う方も増えています。しかし、50代の昭和世代では出来た虫歯に対して治療を行うという意識が強く、年齢を重ねたときに口の中の健康を維持できない方も多くいます。

歯を失う原因や口の中の状況は人それぞれ違うため、他の人と同じにすればよいということではありませんが、実際に歯を失って治療法を選択する際、「他の人はどの治療を選ぶのだろう」と気になることでしょう。

そこでこの記事では、入れ歯になる50代の割合と歯を失う原因、歯を失ったときにインプラントを勧める理由についてご紹介します。

入れ歯になる50代の割合と歯を失う原因

一般的に、年齢とともに生理的、免疫的な変化が起こり、それに伴って口の中のトラブルも急増していきます。

年を重ねるごとに自分の歯の数は少なくなり、後期高齢者と呼ばれる75歳以上になると、残っている平均本数は約16本。約3割の方が総入れ歯を使用しており、ほとんど歯が残らなくなるようです。

では、50代で入れ歯になってしまう方は、どのくらいいるのでしょうか。ここでは、入れ歯になる50代の割合と、歯を失う原因についてご紹介します。

歯が抜けはじめる年齢と入れ歯になる50代の割合

厚生労働省が平成28年に行った「歯科疾患実態調査」によると、40代までは失った歯の本数は平均1本以下ですが、50代を過ぎると以下のように推移していきます。

 ・50〜54歳:2本
 ・55〜59歳:3.1本
 ・60〜64歳:4.6本
 ・65〜69歳:6.7本

上記をご覧いただくと、年齢とともに歯を失う本数が増えていくことがわかるのではないでしょうか。

日本人が歯を失いはじめるのは、50代以降からです。なぜなら、40代以降になると体にさまざまな年齢による変化が起こりはじめるからです。そして50代になると、その変化が実際に体に現れはじめます。

ただし、昔に比べると歯を失う本数は減少傾向にあり、国際的にみると日本人は高齢になっても比較的歯が残っているようです。

以下は「歯科疾患実態調査」を参考に、50代以上で入れ歯を入れている方の割合を表にしたものです。

年齢 部分入れ歯 総入れ歯
50〜54歳 6.3% 0.9%
55〜59歳 10.6% 1.6%
60〜64歳 18.8% 4.0%
65〜69歳 31.0% 8.9%

実際のところ、上記の表でもおわかりいただけるように、50代で入れ歯になってしまう方は少ないです。なぜなら、50代で歯を失った際の治療法として選択されるのは、入れ歯よりもブリッジなどの被せ物が多く、その割合は入れ歯の約4〜5倍とされています。

他にも、インプラントを選択する方もいるようですが、その割合は全体の5%にも届きません。しかし、50代以降歯の喪失が進むにつれて徐々に大きな義歯を使用する割合が増えていくので、歯を失ったときの治療法について、よく考えなければいけない時期であることに間違いないようです。

歯を失う原因のほとんどは歯周病

日本人が歯を失う原因のほとんどは、歯周病によるものです。

歯周病とは、細菌の感染により引き起こされる疾患で、歯茎や歯を支える歯槽骨などが溶けてしまいます。歯茎が腫れるものの、痛みがほとんどないまま進行していくため、気づいたときには歯が動揺して最悪の場合歯を抜かなければいけなくなってしまうのです。

この歯周病は、30代以上の3人に2人が罹患しているといわれており、40代以上になると8割の方になんらかの症状があるといわれています。

しかし日本人は、虫歯は気にしますが歯周病には無頓着で、自分が歯周病であることに気づいていない方も非常に多いのが現状です。そのため、虫歯で歯科医院を受診したものの、歯周病の方が深刻な状況になっているケースも少なくありません。

歯を失わないためには、虫歯になってから歯科医院に駆け込むのではなく、普段から定期的に検診を受けておくことが重要なのです。

歯を失ったときにインプラントを勧める理由

50代では、入れ歯よりもブリッジを入れる方が多いです。しかしブリッジには手軽で費用をかけずに治療ができるというメリットがある一方、両サイドの歯が健康でなければいけなかったり、健康な歯を削る必要があったりと、デメリットもあります。

そこでおすすめしたいのが「インプラント治療」です。まだまだブリッジや入れ歯を希望される方も多いですが、最近では少しずつインプラントを希望される患者さんも増えてきています。

ここでは、歯を失ったときにインプラントを勧める理由についてご紹介します。

インプラントとは

インプラントとは、顎の骨に直接人工歯根を埋め込み、そこに義歯を被せる治療法です。

使用するのは、生体親和性の高いチタンやチタン合金で作られた部品なので、アレルギーを起こしにくく、耐久性にも優れています。また、義歯にはセラミックやジルコニアなどが使用されるため、天然の歯とほとんど見た目が変わらない仕上がりになります。

ただし、インプラント治療は基本的に保険適用外の自費診療となりますので、費用が高額になることがほとんどです。

外傷や腫瘍などで顎の骨を喪失した場合や骨を移植した場合、先天性の疾患で歯や顎の骨がない場合には、保険が適用される可能性もあるので、歯科医師に相談してみることをおすすめします。

インプラントについて詳しく知りたい方は、以下のページも参考になさってください。

「インプラントについて」

自分の歯と同じように咬める

インプラントの最大のメリットは、自分の歯と同じように咬めることです。

ブリッジや部分入れ歯では、自分の歯と同じ力で咬むことは不可能であり、支えている歯にも大きな負担がかかってしまいます。

しかしインプラントは、義歯を直接顎の骨に固定することで根っこの機能回復が図れるため、自分の歯と同じような感覚で咬めるのが特徴です。なんでも美味しく食べられることに加え、咀嚼がしっかりとできるほど、全身の健康を保つことにつながります。

健康な歯を削る必要がない

ブリッジや入れ歯でも、最低限の咬む機能や見た目を回復することはできます。しかし、この治療法では、健康な歯を削って義歯を入れなければいけません。

なぜなら、土台となる両サイドの健康な歯を大きく削り被せ物をする必要があるからです。一度削ってしまった歯はもう2度と元には戻りませんし、そもそも土台となる歯の歯根がしっかりしていなければブリッジを入れることはできないのです。

一方のインプラントでは、支えるのは歯の土台となっている骨であるため、健康な歯に影響が及ぶことはありません。

一昔前までは、歯周病などで顎の骨が溶けてしまうとインプラントを埋め込めませんでしたが、現在では顎の骨に十分な量がなくても治療が可能となっています。

インプラントの技術も常に進化していますので、最新で最良の治療を受けるためにも、「国際インプラント学会」の認定医が在籍する歯科医院へ相談に行ってみることおすすめします・

寿命が長い

インプラントを正しく使った場合の寿命は、基本的に半永久的です。インプラントの10年残存率は9割を超えており、毎日の歯磨きと定期検診をきちんと行えば、新たに作りなおすことなくずっと使えます。

インプラントは最初にかかる費用が高額ではありますが、ブリッジや入れ歯のように何度も作り変える必要もないため、結果的に同等かむしろかかる費用は少なくて済むでしょう。

インプラントの治療相場は、30万円程度からです。ただし自費診療のケースがほとんどですので、受診する歯科医院によって費用が異なります。インプラントを検討している場合は、歯科医院で事前に確認するとよいでしょう。

まとめ

入れ歯になる50代の割合と歯を失う原因、歯を失ったときにインプラントを勧める理由についてご紹介しました。

50代というと精神的にも若く、まだまだ働き盛りで活動的な年代です。しかしその一方で、体にさまざまな変化が現れはじめるころでもあります。

歯の喪失は、精神的なダメージを受けるだけでなく、美味しく食べるための咀嚼機能を低下させる要因です。50代で入れ歯にならないためにも、早めに歯科医院で検診を受けた方がよいでしょう。

また、万が一歯を抜かなければならない状況になったときは、将来のことを考慮するとインプラントがおすすめです。

初台駅から歩いて1分のところにある「内藤歯科」では、インプラント治療の世界的学会である「国際インプラント学会」の認定医である院長が、患者様に最適で最良の治療を行っています。

院長をはじめ、スタッフ全員がデンタルコンシェルジュとして、患者様のお口の中のお悩みや不安を解消すべく真摯に向き合います。

歯周病についても、切らない歯周病治療などに力を入れておりますので、50代で歯を失わないためにも、お早めに「内藤歯科」までご相談ください。

 

診療メニュー

「すべては患者様のために・・・」
初台駅から徒歩1分の内藤歯科では患者様一人ひとりに付きそい、治療のお手伝いをさせていただきます。
歯科・歯医者が苦手な方でも治療を受けていただけるよう配慮しますので安心してご来院ください。