美しい笑顔のために、セラミックを

美しい笑顔のために、セラミックを

虫歯の詰め物・被せ物には、保険適用治療ではいわゆる「銀歯」が使われています。しかし、金属素材は金属アレルギーを持つ患者様に反応することがあるという特性のほかに、白い歯に使われることで目立ってしまうため、「銀歯が目立って食事を楽しめない」「口元が気になって口を大きく開けられない」という悩みを持たれてしまうことも多いものです。

当院では、銀歯が気になる患者様のために、歯の色に近い、セラミックを使用して、審美性を追求した治療を行っております。銀歯を白いセラミックに取り替えれば、笑顔を見せても銀歯が気になることはありません。

セラミック歯の利点

セラミックは、歯の自然な白さや透明感が再現でき、審美性に優れていること以外にも利点があります。

金属アレルギーのリスクがない

金属アレルギーのリスクがない

銀歯など、歯科治療で用いられる金属合金は、年月を経ると金属が溶け出し、イオン化して体内に取り込まれ、金属アレルギーを起こすことがあります。生体親和性の高いセラミックは、金属アレルギーの心配がありません。

歯ぐきが黒ずまない

銀歯が溶け出すと、金属に含まれた成分が反応して歯ぐきが黒っぽく変色することがあります。セラミックは金属を含まないため、変色する心配がありません。

当院で取り扱う素材

当院では、以下のセラミック素材を取り扱っております。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

セラミックの中で最も美しい素材とも言われます。「人工ダイヤモンド」にも用いられます。

審美性 +++++
耐久性 +++++
メリット 天然歯に近い白さと透明感が再現できる、強度が高いため力のかかりやすい奥歯にも採用できる
デメリット 装着するために歯を削る量が比較的多い、天然歯より硬い、保険適用外のため高価
MB(メタルボンドセラミック)

MB(メタルボンドセラミック)

金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた素材です。

審美性 ++++
耐久性 +++++
メリット 自然歯に近い色合いが再現でき、耐久性があるので奥歯など強い力がかかる箇所でも使用できる。
デメリット 金属アレルギーのリスクがある、内側が金属のため他に比べ透明感がやや劣ります
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を混合した素材です。

審美性 ++++
耐久性 ++++
メリット 天然歯に近い白さと透明感が再現できる、適度な柔軟性があるので咬み合う歯を傷めにくい
デメリット 美しさはオールセラミックに劣る、経年により変色することがある、保険適用外のため高価
ファイバーコア

ファイバーコア

グラスファイバーを使った、被せ物用の土台です。

審美性 +++++
耐久性 ++++
メリット 適度な柔軟性があるので金属製コアのように歯根を破損させることがない、被せ物の透明感を保てる、耐久性が高いので力のかかる奥歯にも採用できる
デメリット 保険適用外のため高価

矯正治療で乱れた歯並びにサヨナラして、健康も取り戻す

矯正治療で乱れた歯並びにサヨナラして、健康も取り戻す

歯並びの乱れは、見た目の面で悩むだけでなく、健康状態にも悪影響を及ぼすと言われています。歯列矯正は、骨格の成長が終わった大人になってからでもできます。

歯並びの乱れによる悪影響

歯並びの悪さは、出っ歯やすきっ歯など見た目のほかにも様々なトラブルの要因になります。歯列矯正は、以下のようなトラブルの改善にもつながります。

  • 食べ物をしっかり咬めないため、咀嚼不足による消化不良が起こりやすい
  • 歯磨きがうまくできないので、歯垢(プラーク)が溜まりやすく、虫歯などになりやすい
  • 歯垢(プラーク)が溜まりやすいため、口臭が出やすい
  • うまく発音・発声できない場合がある
  • 骨格の歪みを招き、スポーツなどで十分に能力を発揮できないことがある
  • 見た目にコンプレックスを感じ、内向的な性格になってしまうことがある

くわえて、口元が整うことにより、心理的に明るくなる作用ももたらします。歯並びに悩んでいらっしゃる患者様には、ぜひ当院で歯列矯正を行い、悩みを解消していただければと思います。

治療期間について

治療期間について

顎が未発達な時期に行う、子どもの歯列矯正(小児矯正)は、顎の骨が成長する力を利用して歯が並ぶスペースを広げていくことを主眼に行うため、顎の骨の成長度合いや症状などにより時期が変わります。

大人の歯列矯正(成人矯正)は、成長を終えた顎の骨の中で、少しずつ歯を動かしていきます。歯が動く速さには個人差があるため、治療期間は患者様によって多少異なりますが、一般的には1年半~2年程度かかります。