インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療をお考えの方へ

顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、人工の歯を装着し、天然歯に近い機能と見た目を取り戻すことができる治療が、インプラントです。歯を失ってももとのようにしっかり食べ物を咬みしめたい、という希望をお持ちの方におすすめの治療法です。

インプラントのメリットとデメリット

インプラント治療は、歯の外科手術です。受ける前にメリットとデメリットをしっかり把握しておきましょう。

メリット
  • 審美性も機能性も天然歯に近く、違和感が少ない
  • ブリッジのように他の歯を傷めることがない
  • 咬み合わせが安定している
  • 本数にかかわらず施術を受けられる
  • 定期的なケアで長期にわたって維持できる
デメリット
  • 外科手術が必要なので治療期間が長期にわたる
  • 高額な費用になりがち
  • 機能維持のために歯科医院での定期的な通院とメンテナンスメンテナンスが必要
  • 顎の状態や全身疾患の有無などによって適用できないことがある

当院で行う精度の高いインプラント手術

当院の院長は、インプラント研究の権威である「国際インプラント学会」に、世界基準の優秀なインプラント専門医の証明であると認められた「国際インプラント学会認定医」資格保持者です。インプラント治療においては、国際的認定を得た院長自らが、最新機器を使用して短時間かつ安全に手術を行います。

歯科用CTを用いた安全な検査と施術

歯科用CTを用いた安全な検査と施術

インプラント治療では、顎の骨にドリルで穴を開けるところから始めます。当院では、CTを使用して、正確な角度と着地点になる穴を開けるための医療器具である「サージカルステント」を用いて施術いたします。

患者様の顎から採った石膏(せっこう)模型をもとに、ステント(マウスピース状のCT造影器具)を口腔内に入れてCT撮影し、データをインプラント専用の高精度解析ソフトで3次元化して、患者様の口腔内を立体的に再現します。実物に近い画像を見ながら治療計画を立てることで、顎に開ける穴の精度が格段に向上し、短時間で安心・安全なインプラント治療を行います。

顎の骨量が少ない場合に行う「ソケットリフト」と「GBR」

患者様によっては、インプラントに必要は顎の骨量が不足していることがあります。その場合、当院では、「ソケットリフト」または「GBR」の2種類の治療を行い、骨量を増やしてインプラントに必要な顎の厚みを確保した上でインプラント治療を行います。

ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト

上顎にインプラントを装着する場合に行います。骨補填剤を、インプラント用の穴から上顎の空洞である上顎洞(じょうがくどう)の底部を押し上げて隙間へ流し込み、骨量を増やします。

GBR
  • GBR
  • GBR
  • GBR

人工の骨補てん材または自家骨(移植するために切りだした患者様ご自身の骨)を用いて骨の再生を促す治療法です。骨を再生させたい部分に「メンブレン」という特殊な膜を挿入し、骨より再生スピードが速い歯肉が侵入するのを防いで、骨の再生を促進します。インプラントの埋め込みと同時に行う場合もあります。

インプラント治療の流れ

インプラント治療には「1回法」と「2回法」があります。

1回法
  • 1回法
  • 1回法
  • 1回法
  • 1回法
  • 1回法

インプラントとアバットメント(インプラントと人工歯を接続する部分)の装着を一度で行ってしまう施術法です。歯ぐきを切開し、顎の骨に穴を開けてインプラントとアバットメント(インプラントと人工歯を接続する部分)をはめ込んだら、アバットメントが露出した状態で縫合します。

外科手術が1回で終わるため、患者様の負担が少ないというメリットがある反面、アバットメントが露出した状態で3~6ヶ月過ごすため、細菌感染するおそれがある、完全に結合しないうちに力がかかると骨に悪影響を及ぼす、というデメリットもあります。

2回法
  • 2回法
  • 2回法
  • 2回法
  • 2回法
  • 2回法
  • 2回法

インプラントとアバットメントを分けて装着する方法です。インプラントだけをはめ込んで、骨と結合したことを確認した上で、アバットメントと人工歯を装着します。骨量が少なく、ソケットリフトなどの治療が必要とされた患者様に、細菌感染のリスクを減らすために行うことがあります。外科手術が2回必要です。

PICK UP 国際インプラント学会認定医におまかせください

PICK UP 国際インプラント学会認定医におまかせください

当院でインプラント治療を担当する院長は、インプラント治療の国際的学会組織である「ICOI(国際インプラント学会)」の認定医です。世界基準の技術と知識を持つ優秀なインプラント専門医であることが認められました。世界各国から集まった1,200名余のインプラント専門医に、インプラント手術についての学会発表を行った実績もございます。患者様には今後も、世界基準の最先端インプラント治療を行ってまいります。