歯並びが気になる人必見!矯正歯科治療のメリットやリスク

歯並びが悪いことをコンプレックスに感じている人も多いでしょうが、実は歯並びが悪いと見た目だけでなく様々な問題が起きることもあるのです。そこでこの記事では、歯並びに関する問題点を踏まえたふえで、矯正歯科治療のメリットやリスクなどについて解説していきます。歯並びが気になっている人はこれを参考にし、早めに歯医者に相談するようにしましょう。

治療すべき!歯並びが悪いことの問題点

歯並びが悪いことによる問題点は実はいくつもあり、放置しているとお口の健康を損なってしまうリスクがあるので注意が必要です。まず、歯並びが悪いと歯ブラシが細かい部分まで届きにくくなってしまうため、歯垢や食べかすをしっかり綺麗にすることができません。このため虫歯になりやすく、食べかすや老廃物が蓄積して口臭の原因にもなってしまいます。口の中を清潔に保てないため、雑菌が繁殖して歯肉炎を発症するリスクも高まるでしょう。歯肉炎は悪化すると歯を支えている歯槽骨を溶かしてしまうため、歯がグラついたり血や膿が出る歯槽膿漏になりやすいのです。また、食べ物を噛むときにバランスよく歯を使えないため、よく噛めなかったりあごの関節に必要以上の負担がかかったりもします。このように様々な怖い症状を引き起こす可能性があるため、歯並びを放置しておくのは非常に危険なのです。

矯正歯科のメリットを4つ解説!

ガタガタの歯並びだったとしても、矯正歯科を受診して適切な治療を行えば症状を改善できる可能性があります。器具を使ったり手術をするなど、矯正の方法は様々ですが得られるメリットはほぼ共通しています。

たとえば、美しい歯並びを手に入れられることでコンプレックスが改善できたり、かみ合わせが本来の位置に改善されたりします。コンプレックスがなくなれば、堂々と口を開けて笑うこともお喋りを楽しむこともでき、明るい気持ちで日々を過ごせるでしょう。また、かみ合わせが改善されることで左右どちらかに力が入り過ぎるのを防ぎ、無意識のうちに歪んでいた顎や体の骨格を整えることもできます。顎のバランスは全身のバランスにも繋がるため、身体の歪みを改善させることもできるのです。歯磨きの際も隅々まで正しく歯ブラシが届くようになり、汚れをしっかり落として生活な口腔環境を維持することもできます。これにより歯周病や虫歯などのトラブルを防ぎ、歯科疾患を予防することも可能です。このように様々なメリットがあるため、歯並びは放置せず矯正したほうが良いのです。

リスクについても知っておこう!

歯並びの矯正には様々なメリットがありますが、同時にリスクもあることを覚えておかなければなりません。歯列矯正の治療法によっては多少の痛みを伴ったり、歯や歯茎に思わぬダメージが出たりするケースもあります。また、治療で歯に細かい振動などが加わると、歯肉の中にある歯根が短くなる「歯根吸収」という現象が発現することもあるので注意が必要です。さらに、無理やり力を加えて矯正すると内部の歯槽骨が吸収され、歯肉退縮が起きて歯茎が過剰に衰えてしまうこともあるのです。これらのリスクは決して珍しいものではなく、歯列矯正を行う人であれば大なり小なり起きる可能性があります。もちろんその分メリットも多いので、リスクと照らし合わせて治療を行うか否かを慎重に検討しましょう。少しでもリスクを軽減するためには、実績があり評判の良い矯正歯科を受診することが何より大切です。

歯並びが気になる方はまず医師にみてもらおう!

矯正歯科は日々進歩を続けており、様々な治療法が確立されています。意外と手軽な治療で歯並びを改善できる可能性もあるので、コンプレックスを感じている人は思い切って矯正歯科に相談してみると良いでしょう。ただし、どんな矯正治療が適しているかは素人では判断できません。最初から治療法や矯正歯科を特定して探すのではなく、まずは専門医のカウンセリングを受けて自分に最適な治療法を見極めるようにしましょう。