虫歯予防の必要性や小児歯科での予防法について解説

みなさんは歯の健康が生涯においてどれほど大切か知っていますか?子どもの頃から小児歯科に通い専門医による歯の管理や治療を徹底することはその後の健康な人生にとって非常に大切な事です。虫歯を予防する事の必要性、具体的な虫歯予防の具体的な方法を提案します。

虫歯予防のために小児歯科には通うべき?

虫歯予防のために小児歯科に通うことは歯の健康を守るために最も確実で簡単な方法です。虫歯は歯のトラブルでもありますが、成長期の子どもにとっては体全体の不調に繋がります。虫歯による免疫機能の低下や痛みによる不快感からイライラする。落ち着きがなくなる。不快感によってストレスを感じるなど虫歯は体と心の健康を害してしまいます。虫歯を予防し、健康な口腔内環境は、健やかな体を育む大切な土台です。まだ歯のエナメル質が弱く、顎が小さな子どもは大人に比べ虫歯になりやすいです。乳歯は一度虫歯になるとエナメル質が弱いため進行が早く神経の割合が大きいこともあり痛みがすぐに出てきます。子どもの歯に対してはケアの仕方において高度な専門性が必要となります。大人になっても健康な歯を維持するために正しいケアの仕方を提案してくれる小児歯科は心強い味方です。

教えて!小児歯科でできる具体的な虫歯予防の方法

では、小児歯科では具体的にどのような虫歯予防を行なっているのでしょうか。代表的な方法にシーラントというものがあります。これは奥歯の溝にある凸凹を埋めて虫歯菌を増やさないようにする虫歯予防法です。埋めるためにはプラスチックの素材を用います。歯の裏など虫歯になりやすい部分を埋めていきます。次にPMTCという方法があります。これは歯科にある専用の機械で歯の汚れを落とすものです。自分では落とすことの出来ない細かな汚れも落とせます。フッ素添付は歯のお手入れ後に歯に直接フッ素を塗っていく方法です。虫歯予防にフッ素は効果的ですが添付した後は30分程飲食が出来ないため注意が必要です。サホライド塗布という治療もあります。サホライドという薬品を塗ることで初期の虫歯であれば進行を抑制できます。また痛みを伴わないため歯科治療が苦手な子どもには良い方法です。またキシリトールを摂取する事で歯を強くし虫歯を予防する方法もあります。キシリトールは市販のものもありますが、歯科医院専用のガムもあります。家でも出来る虫歯予防としてはブラッシングがあります。小児歯科でもブラッシング指導は積極的に行っているので毎日家で出来るケアとして効果的なブラッシングを習得しておく事も大切です。

こんな小児歯科を選ぼう!

実際に小児歯科に通い虫歯予防のための指導をして欲しいというときにはどのような小児歯科を選ぶのが良いのでしょうか。歯の健康は一生モノです。長く通うことになるかもしれない歯科には無理なく通える範囲にある歯科が良いと思います。あまり遠くの歯科を選んでしまうと通いにくく定期的に通うことが出来なくなります。またどんなケアや治療をして欲しいか、受けたい治療や予防法を行なっているのかを調べ自分の方針に合う歯科を探すことが大切です。歯科は多い人で週に一度、メンテナンスのみで通院しても月に一度など定期的に通わなければいけません。なかなか予約の取れない小児歯科だと通院と通院の間が空きすぎてしまい適切な歯のケアができないことがあります。そのため比較的予約の取りやすい予約管理をきちんと行なっている歯科を選びましょう。このように小児歯科の選び方にはいくつかポイントがありますが、一番は通う人が無理のないように通える歯科を選ぶことだと思います。

虫歯予防のためにまずは定期検診を受けよう!

歯の健康を守るためには定期検診を受けることが大切です。小児歯科での定期検診では虫歯の早期発見から虫歯になりやすい歯のケアの仕方、歯並びや顎の発達まで細かく見てくれます。定期検診を受けることでお子さまの口腔内環境をよりよい状態に導いてくれます。また異常の早期発見が可能となるため重症化を防ぐことができ歯及び口腔内の健康を確実に守る事が出来ます。